【2019年】話題のスマホ決済サービスの大手4社はどう使うのがお得?各社の特徴やお得なキャンペーンを徹底比較

スマホ決済サービスのアイキャッチ画像

昨年末からスマホ決済サービスが話題になることが増えてきました。

その背景としては国のキャッシュレス化促進の中で、
今まで主力であったクレジットカードでは手数料が高い、
中小企業では普及されていない、という課題を解決するべく、
安価に導入できるスマホ決済サービスにかなり注目が集まっています。

スマホ決済サービスはまだ各社が覇権を取るべく、
100億円キャッシュバックで話題になった「PayPay」を中心に、
ソフトバンク/ヤフー、楽天、LINE
など大手企業が続々と凌ぎを削っています。

こういったサービス普及前のタイミングでは利用者に非常にメリットのある、
キャンペーンなどが展開
されるため、
スマホ決済サービスをどのように活用するのがお得なのか、
各社サービスの特徴を見ながら解説していきたいと思います。

スマホ決済が話題の理由

安価な手数料(お店側)

従来のクレジットカードでは購入する際に1%程度のポイントが付くものが多く、
利用者としては商品を購入するときにかなり魅力的なものでした。

しかし、実は導入するお店側としてはクレジットカード決済を利用するために、
加盟店手数料が購入金額の5%程度発生したり、
読取機械を設置する費用も何百万と高額なので、
中小企業の店舗や個人店舗で導入することは大きな負担となっていました。

一方、スマホ決済は手数料・導入費用が非常に安価に抑えることが可能です。

PayPayの場合だと、3年間各種手数料を0円で導入することが出来ます

スマホ決済は導入ハードルが非常に低いため、
今後クレジットカードが普及していったペースを超える勢いで、
普及していく
ことが想定されます。

お得なポイント/キャンペーン(利用者側)

スマホ決済サービスでは現在大手企業を中心に、
この市場を取るべく、様々なポイントやキャンペーンを実施しています。

私たち利用者はこのキャンペーンをしっかりと活用することで、
かなりお得に買い物をすることが出来ます
ので、
是非うまく活用していきたいと思います。

各社の詳細については後述にてご紹介させていただきます。

スマホ決済サービス主要4社の徹底比較

PayPay(ペイペイ)

paypayアイコン

PayPay概要
◆提供会社:PayPay株式会社(ソフトバンク x ヤフー)
◆サービス提供開始日:2018年10月

PayPayは最も後発のスマホ決済サービスとなっています。

ですが2018年12月の「100億円キャッシュバックキャンペーン」にて
一気に知名度を加速
させました。

さすがソフトバンクグループの企業といったところですね。

PayPayの支払い方法としては以下の3パターンが可能となっています。

PayPayのチャージ・支払い方法
・口座からチャージした分で支払う
・クレジットカード決済
・Yahoo!マネー決済

PayPay自体は常時0.5%還元率を持っており、
クレジットカード決済になるとクレジットカード側のポイントも手に入れることができるため、
ポイントの二重取り
が可能となっています。

例えば還元率1%のカードを登録していた場合、
0.5%(PayPay側の還元率) + 1%(クレジットカード側の還元率) = 合計1.5%の
還元を受けられるようになっています。

PayPayの利用可能店舗

現在PayPayが利用できる店舗は以下となっております。
ただ、3月26日からローソンでも利用できるようになるなど、
今後も続々と加盟店が追加される予定です。

業種 利用可能店舗
飲食 魚民、白木屋、笑笑、山内農場、ピザーラなど
コンビニ ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ
家電量販店 ビックカメラ、ヤマダ電機、ソフマップ
ホテル マイステイズなど
その他 ゾフ、HIS、リブロなど

PayPay利用店舗(公式サイト)

PayPayのキャンペーン(2019年2月13日時点)

PayPayでは現在、以下のキャンペーンを行なっています。

名称 キャンペーン内容
新規登録キャンペーン PayPay残高500円相当をプレゼント
第2弾
100億円キャッシュバックCP
①PayPay決済利用毎に最大20
 戻ってくるキャンペーン
利用金額の20%還元
※支払い方法により10~20%まで変動
第2弾
100億円キャッシュバックCP
②やたら当たるくじ(懸賞)
利用金額の全額キャッシュバック
※PayPay残高、Yahooマネー、Yahooクレジットカードでの支払い時のみ
※通常は10回に1回の確率で最大1,000円相当
Yahoo!プレミアム会員は5回に1回の確率で最大1,000円相当

特に注目するべきは100億円キャッシュバックの2つのキャンペーンですね。
12月に実施されたものは上限額が非常に大きいものでしたが、
今回は少額決済に向けた内容となっています。

それぞれ支払い方法や上限が以下となっており、
Yahoo!マネーや、Yahoo! JAPANのクレジットカード、Yahooプレミアム会員など、
ヤフーのサービス利用者にさらに特典がある内容となっています。

PayPay決済利用毎に最大20%戻ってくるキャンペーン

PayPayキャンペーン
PayPay公式ホームページより抜粋

■やたら当たるくじ(懸賞)

PayPayキャンペーン「やたら当たるくじ」PayPay公式ホームページより抜粋

PayPayのお得な活用方針(筆者の利用方針)

PayPayは100億円キャッシュバックキャンペーンでかなりお得に活用できると思います。
私はソフトバンクユーザでもあり、非常に良い優遇が見込めるため、
以下方針でお得に活用していきたいと思います。

  • 100億円キャッシュバックキャンペーンの間はメインで活用
  • 利用はファミリマートなど少額決済を中心

PayPayはこちらからダウンロード可能です。

LINE Pay

LINE Payアイコン

LINE Pay概要
◆提供会社:LINE株式会社
◆サービス提供開始日:2014年12月

LINE Payはコミュニケーションツールで有名なLINEが提供するスマホ決済サービスです。

LINEを利用していればすぐに利用できるので、
とても導入ハードルの低いサービスとなっています。

LINE Payの支払い方法としては以下パターンが可能となっています。

LINE Payのチャージ・支払い方法
・口座からチャージした分で支払う
・LINE Payカードからチャージ
・コンビニからチャージ
・オートチャージ

クレジットカード決済によるチャージ、支払いができない点が注意にしましょう。

LINE Payの利用可能店舗

現在LINE Payが利用可能な店舗は以下となっています。

LINE Payに関しても今後どんどん普及が見込まれます。

業種 利用可能店舗
飲食 魚民、笑笑、山内農場など
コンビニ ローソン、ファミリーマート
カフェ スターバックス
家電量販店 ジョーシン
ドラッグストア ウエルシア、サンドラッグなど
その他 メガネハウス、マックハウス、ゲオなど

LINE Pay利用店舗(公式サイト)

LINE Payのキャンペーン(2019年2月13日時点)

LINE Payでは以下のキャンペーンを現在行なっています。

名称 キャンペーン内容
初めての銀行チャージ1,000円以上で、500円相当プレゼント LINE Pay残高500円相当をプレゼント
LINEギフト」が半額 「LINEギフト」内の商品をLINE Payで購入すると
500円相当を上限としてご利用金額の50%のLINE Pay残高を還元
21日(金)~228日(木)

LINEPay公式ホームページより抜粋

注目するキャンペーンとしては「LINEギフト」が半額キャンペーンですね。

還元金額の上限が500円相当となるので1,000円までの商品であれば、
半額のキャッシュバックを受けることが可能です。

「LINEギフト」ではスターバックスやミスドで利用できるギフト券などがあり、
自分利用でもプレゼント用としても利用でき、その際に半額が還元されるので、
かなりお得ですよね。

※ただし期間中複数回の利用でもLINEペイ残高還元の上限は500円相当
(期間中合計1000円以上の利用でも還元額は500円相当まで)

LINE Payのお得な活用方針(筆者の利用方針)

2月中は「LINEギフト」にてかなりおトクに活用することができるため、
スターバックスやミスドなどを利用する際には
「LINEギフト」にてLINE Payを利用して購入
していきたいと思います。

楽天ペイ

楽天ペイのアイコン

楽天概要
◆提供会社:楽天株式会社
◆サービス提供開始日:2016年10月

楽天ペイは楽天市場などで有名な「楽天」が提供するサービスです。

楽天市場はかなりの利用ユーザがおり、
その連携も見込めるため楽天ユーザにとってもは魅力的なスマホ決済サービスとなります。

楽天ペイの支払い方法としては以下パターンが可能となっています。

楽天ペイのチャージ・支払い方法
・クレジットカード決済
・デビットカードから支払い

こちらもPayPayと同様で、
楽天Payでの還元率0.5%とクレジットカードの還元率を受け取れますので、
ポイントの二重取りが可能なサービスとなっています。

楽天ペイの利用可能店舗

現在LINE Payが利用可能な店舗は以下となっています。

業種 利用可能店舗
飲食 魚民、笑笑、山内農場など
コンビニ ローソン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ
書店 丸善など
家電量販店 Joshin、J&P、DISCなど
ドラッグストア サンドラッグ、ツルハドラッグ、ココカラファインなど
その他 ライトオン、メガネスーパーなど

楽天ペイ利用店舗(公式サイト)

楽天ペイのキャンペーン(2019年2月13日時点)

楽天ペイでは現在以下のキャンペーンを行なっています。

名称 キャンペーン内容
初めてのお支払いキャンペーン 楽天ペイアプリで初めてのお支払いがあり、
エントリーした月の合計お支払い金額が
5,400円(税込)以上の方に1,000円相当をプレゼント
お友達招待キャンペーン 招待した方、招待された方お二人に
100円相当をプレゼント
対象のお店で10%ポイントバック 対象の店舗での楽天ペイ支払いで
ご利用額の10%相当を還元
コンビニの初利用で
ポイントプレゼント
ファミリーマート、ローソン、ポプラ、ミニストップでの初めての利用で各100ポイント、合計400ポイントを
プレゼント

楽天ペイ公式HPより抜粋

楽天ペイではコンビニ利用に力を入れたキャンペーンを行なっていますね。

楽天ペイのお得な活用方針(筆者の利用方針)

筆者はあまり楽天自体は利用していないですが、
PayPay同様、ポイントの二重取りが出来るので、
PayPayが利用できない店舗では積極的に利用していきたいと思います。

楽天ペイはこちらからダウンロード可能です。

Origami Pay

Origami Payのアイコン

Origami Pay概要
◆提供会社:株式会社Origami
◆サービス提供開始日:2013年4月

Origami Payは実は日本で一番初めにサービス提供されたスマホ決済サービスです。

今までの3つのサービスと比べ、大手企業によるサービス提供ではありませんが、
長い間サービスを展開している点に強みを持ったサービスとなっています。

Origami Payの支払い方法としては以下パターンが可能となっています。

Origami Payのチャージ・支払い方法
・クレジットカード決済
・銀行口座から入金
・デビットカードから支払い

Origami Payの利用可能店舗

現在Origami Payが利用可能な店舗は以下となっています。

他のスマホ決済サービスが取り込めていない、
ケンタッキーやロフトなどの有名店に既に導入されている点が注目ですね。

業種 利用可能店舗
飲食 ケンタッキー、吉野家、和民など
コンビニ ローソン
百貨店 パルコ、阪急メンズ館など
ライフスタイル ロフト、Francfranc、Zoffなど
ネットカフェ 自遊空間、とらのあななど
その他 ライトオン、ジーンズメイトなど

Origami Pay利用店舗(公式サイト)

Origami Payのキャンペーン(2019年2月13日時点)

Origami Payでは現在以下のキャンペーンを行なっています。

名称 キャンペーン内容
対象加盟店でOrigamiアプリでのお支払いが、即時に最大半額 週替わりで決まる対象加盟店にてOrigamiアプリで
お支払いにより、即時に半額で購入が可能
※割引率に関しては対象加盟店ごとに変更となります。
Origamiアプリに利用登録をして、もらおう。 Origamiアプリにお支払い方法の登録で、
Lチキ(160円(税込)」を期間中に先着90万個分
プレゼント
商品引き換え期間:2/4(月) 00:00〜 2/28(木) 23:59
銀行口座からの即時支払いで、さらに +1%OFF お支払い方法を銀行口座からの即時支払いにすれば、1%OFF

Origami Pay公式HPより抜粋

注目するキャンペーンとしては、対象加盟店での支払いが即時に最大半額となるキャンペーンですね。

他のサービスのキャンペーンではキャッシュバックが中心ですが、
本キャンペーンでは支払い時に即時に半額となる点が特徴です。

少し前は吉野家などが対象となっていましたが、
現在ではケンタッキーを対象としてキャンペーンを行なっています。

Origami Payキャンペーン

Origami Payのお得な活用方針(筆者の利用方針)

即時半額キャンペーンはかなり魅力的だと感じました。

回数にも制限がないため、この半額キャンペーンの店舗では、
積極的にOrigami Payを利用していきたい
と思います。

Origami Payはこちらからダウンロード可能です。

スマホ決済サービス活用方針のまとめ

今回は主要4社のスマホ決済サービスを調査しました。

結論から言うと現段階(2019年2月13日)では、
以下方針でスマホ決済サービスをおトクに利用していきたいと思います。

  • 基本は「PayPay」で20%キャッシュバック、全額キャッシュバックを活用(ポイント二重取り含む)
  • 「LINEギフト」で利用できるものは「LINE Pay」で半額利用
  • 「Origami Pay」で半額キャンペーンの店舗利用時は「Origami Pay」を活用
  • 上記以外の店舗については「楽天ペイ」でポイント二重取り

スマホ決済サービスは今後も時間が経つと変更されるため、
定期的に内容を見直し、更新していきたいと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です