結婚生活で新居への引っ越しにかかる費用総額は?実際にかかった費用と節約方法をご紹介

結婚生活の新居引っ越しでかかる費用のアイキャッチ画像

結婚に向けて色々な費用がかかってきますが、
早い段階で検討する結婚に関する費用といえば、
二人の新しい生活を行う「新居への引っ越し」
ですよね。

そんな気になる新居への引っ越し費用について、
実際に結婚生活で新居へ引っ越した私がかかった費用
節約するために工夫した点をまとめてご紹介します。

結婚生活の引っ越しでかかる一般的な内容と費用

一般的に新婚夫婦が新しく新居へ引っ越す際にかかる費用は以下となります。

新居にかかる費用の内容
・新居の敷金、礼金
・家具
・家電
・引っ越し費用
項目としてはあまり多くないですね。

新居の敷金、礼金は賃貸会社との交渉次第でもありますが、
家具、家電、引っ越し費用は買い方などで、
大きく費用変動
します。

また、2016年と少し古い統計データではありますが、
家具、家電でかかる費用は70万円程度となっています。

結婚生活の新居移転にかかる一般的な家具家電費用の図
※「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」

結婚生活に向けた引っ越しで実際にかかった費用と節約方法

引っ越しに伴い実際にかかった費用

それでは私が結婚に伴い新居に移転した際にかかった費用をご紹介します。
まず、私たちの前提条件は以下の通りでした。

新居引っ越しにおける前提条件
・二人とも元々実家暮らし
・新居引っ越しに伴い家具、家電は全て購入
・実家から持ってくるものは一部の衣類のみ

上記踏まえ実際にかかった気になる結果は、
なんとほぼ統計データ通りの「693,500円」でした。

内訳は以下の通りですが、
ほとんど新調した割にはある程度金額を押さえられたという印象です。

項目 内容 購入場所 費用
敷金/礼金 入居にかかる敷金/礼金 賃貸会社 200,000円
家具 寝具(ベッド/枕/布団 x2) ニトリ 50,000円
ソファ ニトリ 40,000円
ローテーブル ニトリ 2,500円
ダイニングテーブル ニトリ 15,000円
イスx2 ニトリ 10,000円
テレビ台 ネット 8,000円
電子レンジ台 ネット 5,000円
本棚 ネット 4,000円
食器、調理器具 ネット、
100均
10,000円
家電 テレビ ネット 90,000円
ドラム式洗濯機 ネット 130,000円
冷蔵庫 ネット 70,000円
電子レンジ ネット 15,000円
掃除機 ネット 15,000円
照明器具 ネット 25,000円
引っ越し 送料(ダンボール4個分) 運送会社 4,000円
合計
693,500円

新居引っ越しの費用を節約するコツ

今回私が行った新居引っ越しのコストを出来るだけ抑えるために、
意識した点
をご紹介します。

節約に向けたコツ① 家電はネットで購入

今回家電は家電量販店ではなく、ネットで購入しました。

家電については事前にネットで欲しい商品を決めて、
その最低金額を押さえておき、家電量販店へ話をしましたが、
やはりネットまでの割引を実現することが難しいとのことだったので、
ネットでそれぞれ購入しました。

ただネットで購入する注意点としては、
それぞれ購入会社が異なるため、引っ越し当日にそれぞれの配送会社から商品が届くため、
私達の場合は妻と丸一日かけて受取対を行いました。

途中、冷蔵庫とベッドの搬入業者が同じタイミングが来たりと、
なかなか慌しかったですが、今では良い思い出です(笑)

節約に向けたコツ② 引っ越し前の不用品は販売

新居への引っ越しのタイミングでは不用品を処分せずに、
売りに出すことにより臨時収入を得ることが可能です。

私の場合は実家に古本や衣類が多かったので、
新居への移転をきっかけに宅配買取をお願いし、
50,000円ほどの臨時収入をGET出来ました。

当時はなかったですが、
今だとメルカリやラクマなどのフリマアプリで、宅配買取よりも高価で販売できるため、
これから新居への移転を控えている方は早めに、
フリマアプリで出品し、売れ残ったものを宅配買取に出すことをお勧め
します。

節約に向けたコツ③ 新居に持ってくるものは最小限に

コツ②と近いですが新居に持ってくるものは最小限にする方が、
引っ越しの費用も抑えられ、新居もスッキリするのでオススメ
です。

私たちの場合もお互い新居に持ってくるものはダンボール2箱までと決めていたので、
配送費用のみで抑えることができました。

なので、できる限り新居移転前には不用品は販売してお金に変えてしまいましょう。

結婚生活でかかる新居費用のまとめ

実際に私が新居移転に伴い発生した費用をご紹介させていただきました。

結婚すると最初の半年〜1年近くまで非常に多くの出費が発生します。

それぞれのライフイベントに対しどれくらいの費用がかかるかを認識し、
どうすれば節約できるかを押さえておく
ことで、
今後の生活をより豊かに過ごすことが出来ると思います。

少しでも本記事が皆様の結婚生活にお役立ち出来ると嬉しいです。

気になる点などありましたら、
コメント欄やお問い合わせ、twitterから連絡頂ければお答えさせて頂きますので、
お気軽にお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です