【IPO初値予想】ハウテレビジョンIPOで注目すべき上場内容と事業内容を徹底分析

IPO_ハウテレビジョンのアイキャッチ画像

2019年25個目のIPO「ハウテレビジョンのIPO情報が公開されました。

ハウテレビジョンのIPO情報や気になる初値予想をまとめていますので
IPO株の抽選参加時にご参考になれば幸いです。

PO投資って何?儲かるの?という方は、
まずは以下の記事をご一読いただけると嬉しいです。

初心者でもIPOに当選!IPO投資に向いている人とは

ハウテレビジョンとは

それではハウテレビジョンの会社概要および 事業内容に関して確認していきます。

ハウテレビジョンの会社概要

ハウテレビジョン会社概要
◆本社:東京都渋谷区渋谷3丁目10-13 TOKYU REIT渋谷Rビル8F
◆設立日:2010年
◆社長:音成 洋介 (38歳)
◆社員数:32名
◆決算期:1月
◆ホームページ:https://howtelevision.co.jp/

設立9年での上場となります。
設立から上場までのスピードが非常に早いため、
企業としての勢い
を感じますね。

また社長が38歳と非常に若い点も好印象です。

ハウテレビジョンの事業概要

ハウテレビジョンは 「新卒学生向けリクルーティング・プラットフォーム『外資就活ドットコム」、若手社会人向けリクルーティング・プラットフォーム『Liiga』の運営管理など」を行っています。

高学歴の新卒向けの就活サイトと若手ハイクラス人材向けのサイトを運営しており、
そういった観点では他の人材関連サイトとの差別化が図れているという印象です。

イメージとしては以下ですね。

  • リクナビ,マイナビ:全般的に広範囲の人材
  • ビズリーチ:中堅のハイクラスの人
  • ハウテレビジョン:新卒/若手のハイクラス人材

 

最近では新入社員や若手社員も一つの会社に頼らず、
スキルを身に着けるために就職する考えを持つ方も増えているので、
時代に即したサービス
だなと感じます。

ハウテレビジョンの業績

売上は右肩上がりで伸びています。
利益については昨年度より黒字化されている状況です。

IPO_ハウテレビジョンの業績

ハウテレビジョンのIPO情報

続いてIPOに関する視点からハウテレビジョンを見ていきます。

IPO上場先と規模感

ハウテレビジョンのIPO上場先は「東証マザーズとなっています。

時価総額は14.8億円、吸収金額は4.4億円となっており、
IPOとしては小規模の案件となっています。

IPOで集めた資金に関しては 「事業資金および人材の採用費」に利用する予定です。

IPO当選枚数

  株数
公募枚数 220,000株
売出枚数(OA含む) 143,400株
当選株数の合計 363,400

当選する本数は3,634本(100株計算)となります。
IPO銘柄の中ではかなり当たりづらいIPOとなっています。

IPO取扱幹事情報

今回の幹事情報に関しては以下の通りです。
主幹事は当選本数を多数持っているので当選を狙う際には申込必須の証券会社となります。

主幹事
みずほ証券
幹事
・SBI証券
・野村證券
・マネックス証券
・岩井コスモ証券
・SMBC日興証券
・東海東京証券
・いちよし証券   

株主情報・ロックアップに関して

上位3名の主要株主に対し「180日間」のロックアップとなっています。
その他の主要株主に対してはロックアップはかかっていないようですが、
上位3名でかなりの割合を占めているので大きな影響はなさそうです。 

ハウテレビジョンのIPO初値予想

想定公募価格は「1,210円」となっています。

事業面に関しては人材マッチングと目新しさはありませんが、
差別化が図られているサービス領域であると認識できました。
業績も今回の黒字化から右肩上がりの成長が期待が持てる銘柄です。

公募価格の1.8倍ほどで初値がつくと予想します。
IPOの評価としては「Bランク」想定となります。

初値予想:2,000円程度

  評価
ハウテレビジョンの
初値期待値
B(公開価格の1.5~2倍)

管理人のハウテレビジョンIPOへの参加意欲

全力で参加します!

事業面、業績面からまず公開価格は超えた初値が期待できるため、
手持ちの全ての証券会社から申し込んでおきたいと思います。

セカンダリー参戦についてもロックアップ条件が良いため、
「前向きに参加」のスタンスとしたいと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です